大好きになった雲龍院♡

そうだ!京都へ行こう!のCMでも使われた悟りの窓。

大好きになった雲龍院にありました。

入り口には床が冷たい寺院への心遣い。この一枚でグンと違う。有難いな。

其処此処に菊の御紋❁

天皇陛下ゆかりの院。

コレは水琴窟。普段なら手前の竹の筒に耳を当てると水の落ちる音がきれいに響いて聞こえるのですが…

今回は冬の京都を味わいに来たからね笑笑。凍ってて聞けなかったよ。

お庭を見ながらお抹茶を頂きました。

菊の御紋の茶器を直に置かないように高い茶托にのって出てきます。

ハイここで又運転手さんの「うんりゅーいん!」笑笑

座った位置から観ると…障子の窓から椿、灯篭、楓、松と切り取られた絵のように愛でる事が出来るようになっていて、古き日本人の楽しみ方に関心。

公くんのご実家で雪見障子からお庭の楓を見る和室を見た事を思い出します。

良子さんはこんな楽しみ方を沢山知っている方なんだなぁ。

外回路にある手洗いにも素敵なしつらえ。

暖かい日差しがさして、なぁんて優しく見えるんでしょう。

悟りの窓では又々運転手さんのソコに座って~。「うんりゅーいん!」

後光が射してるみたいでしょ。と満足げに見せてくれます。

そして、とても落ち着く「月窓の間」

壁に施された月が素敵な光を落とし。

光や影や空気や自然を感じるひと時を過ごし、普段と違う感覚と時間。

座布団と卓があり、日向ぼっこしながらゆっくりと座って居られました。

この時間私達以外だあれも居なかったのも、きっと見え方がいつもと違う。冬の京都、運転手さんのチョイス流石です。

雲龍院、季節毎に来て違いを味わいたいな。と思えた所となりました。