世界選手権3日目

気づくと、3日目まだ残っている日本の選手の殆どが応援してくれていた( ;ᵕ; )

心強かった。

ゲームの合間に世界大会経験者達からのアドバイスが飛び交い、英ちゃんは素直だ。1ゲーム毎にそれを生かしていたよー。

あのね。

まだまだニュースポーツだから、行く!って言う人が出られるんだよ。なんて英ちゃんが言ってたし、もっと軽〜く思ってた。

もちろんニュースポーツだから英ちゃんも挑戦出来たんだろうけど。

世界大会って本当に凄い!!!

日本人とは全然違う体格の人達が勢揃い!最後に対戦した選手にも、すっぽり抱きしめられちゃった笑

手を伸ばせば足を動かさなくてもコート中届いてしまいそう。

3日目も英ちゃんは走りまくる。

見守っているだけで、3日間は中々疲れます。集中力を保つだけでも大変な事だな。と感じました。

世界選手権なんて初めてのことなんだから、ビギナーズラックで行ける所まで行っちゃってー!の引き寄せもココまで。

引き寄せ通りの清々しさと。次へ繋がる悔しさとで英ちゃんの世界選手権は終わりました。

日本から応援をしていてくれた皆も有難うございました。

それもこれも

この皆さんのお陰!!

リアルに試合を見てしまった時にわかるこの皆さんの凄さ!

世界で互角に戦える選手達のメンタリティと体力と人間力。

ココへ来れる!という事自体、時間を作れエネルギーを注げ夢中になれる人ばかり。

有能な人達ばかりで、沢山の事を学ぶ機会となりました。

ウィーンから本格的手作り料理のホームパーティに混ぜて貰いアットホームでオープンな皆さんな暖かく接して貰えた所から始まれて本当にhappyでした。

この皆に触れていなければ、英ちゃんの頑張る姿を見ていなければ、次英ちゃんが海外の大会に参加したい!なんて言い出した時に…

きっとえーーーーー(×_×)(⑉・̆-・̆⑉)って言っていたと思う。

さて。当日帰国組が帰って行った後、さぁ!美味しいもの食べに行こう!と出したガイドブックが全員同じもの!!

120ページ3段目。

というと皆でページをめくる笑笑

授業風景のように( 。˃̵ᴗ˂̵。)そうやって見つけたお店が大当たり。

110年続く素晴らしいお店だったよ。

飲食店で110年続くのは凄いよね。ダンスと音楽を聴きながらハンガリー料理を食べられました。

ダンスは手や体を叩きながら踊るフォークダンス。

生演奏も本格的♪

ジプシー音楽やリクエストにも応えてくれたよ。

弦をバチで叩いて弾く楽器はなんとも言えない音色を奏でていたよ。

ツィンバロンって言うんだって。

お料理はベジタリアンようを頼んでよかった。

それでも食べきれないー。

デザートはクレープのチョコがけ。ブランデーで青い炎がつき、かけてくれるパフォーマンス。

観光気分が充分味わえたハンガリー最期の夜でした。

また、日本で会えるのを楽しみに♡皆とお別れ。

心から有難うございました。