Don’t worry be happy ♫

クロスミントンの試合も終わり、ウィーンに戻り夜はボビー・マクファーリンのコンサートへ行ったよ。

口笛で始まり、伴奏に一切楽器を使わず全て声だけで録音した、だぁい好き♡な曲Don’t worry be happyの人。

ジャズ祭ということで、会場はオペラ座!

また行ってきました。

ボビー・マクファーリンのお父さんはオペラ歌手なんだって。

今回も楽器を一切使わないコンサートで、こんなの初めて見たよ!

な〜んてリラックスしている人だ♪

ステージ上でマグカップでお茶飲みながらやってる。

笑いたい時にアハハハなんて笑いながら。

Don’t worry be happyの曲から感じるありのままで自由な波動。ご機嫌でいるコトこそがhappyだよ♡というメッセージはこの人の在り方を見て納得。

ボビー・マックファーリンと一緒に舞台に立っていた英ちゃん曰く近所のおばさん風の人もとってもよかった。

素敵な人の波動に触れることはとても大切にしたいと思うな。

7月7日は私が20代在り方を学んだ女性のバースデイだった。もう亡くなって話すことはできないけれど、毎年その日には、思い出し自分の在り方を見直す。どう在りたい?と。

今回はまた新たな人達と出会い、1ヶ月の旅からたくさんの刺激を受け気づきや思うこともたくさん。

まだまだ、ブログに上げきれていないコトも沢山ありますが、最後の夜ウィーンのホテルで乾杯!

地球でデートありがと♡楽しかった。

自然と2人でこの旅を振り返る会話。

ウィーンのスーパーの前で毎日新聞を売ってるおじさんがとっても素敵な気の人で必ず挨拶を交わし、親切でピュアな笑顔が嬉しかったコト。

日々の幸せってそんなコトから得られるね。

ウィーン最後の日に道でバッタリ会えちゃうご縁。帰っちゃうのかい?なんて聞いてくれて。

あの笑顔で手を振ってくれたコト。

こんな風にピュアな気で私も在りたい。

まだブログに上げてないけど、チェコに行った時最後の日の朝見送ってくれたのはブラックバード♪とってもいい声で毎日鳴いていて、癒された鳴き声。

今日はいやに大きく響いて聞こえるな?と思ったら、寝室の窓にとまって、素敵な鳴き声を聞かせてくれたコト。

(素敵な鳴き声はストーリーズで是非聞いてみてー♪)

プラハのオレンジの光の中の夜のお散歩。

鐘の音が生活の中で聞こえてくるコト。

私たちが何に幸せを感じ、どう生きたいのか、がどんどん細かくなってきた!

暮らすように旅するをテーマにその国や街を感じる旅、ずっとアパートメントで洗濯したりスーパー行ったりだったので、Hiltonがとっても新鮮に感じちゃうね。

さぁ。Emiratesでドバイ乗り換えで帰りまーす!

途中に行ったチェスキークルムロフや、モンサンミッシェル、チェコ、ぜ〜〜んぜんブログが追いついていないので、帰ったらゆっく〜〜りレポートしますね。

世界で1番住みやすい街ウィーン♪私たちの気に合った街の感じ、人の感じ、とっても住みやすかった。また来るね〜!