プラハに住むケイコさんに会いに

今回のテーマ暮らすように旅する!で、プラハに住むケイコさんにお会いして、実際に暮らしている様子を色々聞いてみたかったー。

会えるコトに!

この日はヨーロッパ猛暑☼˚˖待ち合わせの教会に大きな帽子を被って現れたケイコさんは明るくサッパリとして付き合いやすい女性!

実は英ちゃんの音楽関係の知り合いの、お知り合いで、この日が初めまして。

会う前から親切にプラハのコトをメールで教えてくれていたんだ。

この日はケイコさん案内でプラハ巡り。楽しみ♪楽しみ♪

先ずは暑過ぎなのでケイコさん行きつけのお店でカンパーイ(*^^)o∀*∀o(^^*)

家賃事情や住み心地今日はココで終わってしまうんじゃないかって思うくらいお喋りが弾み。

やっと腰を上げ…

切符がどこに売ってるかわからずまだ乗っていなかったトラムにケイコさんのお陰で乗ったよ。

ケイコさん達現地に住む人達は何と携帯で切符を買っていた!

トラムを降りてから自分達ではきっと見つけられないだろう登り口から階段をだいぶん上がって行きました。

振り向いちゃダメだよ。と言われながら黙々と上がるコト10分。

頂上で振り向くとちょうど夕日が沈む時。

ココは ヴィシェフラットという丘の上の城跡。

城壁に沿って反対側へ行くとこの景色!!

要塞からモルダウ川がデデーンと見える!

若い兵士に贈った歌はココで書かれたのではないかと思えたくらい、正にボヘミアの川よ〜♪モルダウよ〜♪だった。

なっなんと!モルダウの流れの作曲者スメタナのお墓もそこにあった。

中学生ながら作曲者はどんな気持ちで作ったのかな?なんて思い浮かべながら弾いたのを思い出した。

私達の思い出の曲なんだ。ってケイコさんにはひと言も言ってないのに…

なんだか素晴らしい所に案内され、導かれて来たんだと感動。

※私達の思い出の経緯は2つ前のブログの思い出のモルダウよー♬を見てね。

ココはプラハっ子の人気お散歩コースなんだって。平日の夕方だからかな?

確かに観光客が居なかった。

お昼からピクニックしてたのかなー?って人達とか、の〜んびり本読んでる人とか、若いカップルとかが芝生で寛いだり景色眺めてたよ。

協会があってね。扉やタイルの模様がとても素敵だったよ。

こっちの扉はなんとピンク♡

そろそろケイコさんとお別れの時間。

プラハとっても気に入ったし、ケイコさんと友達になれたし、また来よう!と思えた1日でした。

有難う。ケイコさん♡